猫ぽん堂(猫と社会学)猫に囲まれて働く日常

「猫ぽん堂」は、多摩の里山のふもとにある職場です。 沢山の猫さんに囲まれて働いています。 その日常の記録を、ちょっと変わった視点の社会学とともにお伝えします。

ご訪問ありがとうございます。
このブログは、多摩の里山のふもとにある「猫ぽん堂」で沢山の猫に囲まれて働く日常の記録です。
ちょっと変わった視点の社会学とともにお伝えします。

2018年10月から文化庁の文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会では静止画やテキストのダウンロードの違法化について検討を加えてきました。そして12月7日、議論の中間報告として、「ダウンロード違法化の対象範囲の見直しに関する論点整理(案)」が公開さ ...

昨日(12/19)、最高裁大法廷は昨年10月に行われた衆院選の「一票の格差」問題について合憲との判断を示しました。ただ判決では、15人の裁判官のうち2人が「違憲状態」、2人が「違憲」であると反対意見を示しました。合憲とした方の意見は、「徐々に是正を図ったと ...

先日、また近くの書店が閉店してしまいました。出版不況とともに全国的に書店の閉鎖が続いているようですね。雑誌などはもうコンビニで買うのが当たり前です。まあ、インターネットやスマートフォンの普及で出版業界が苦しくなるのは仕方がないとしても、こう街から本屋さん ...

12/1に閉幕したG20首脳会議では米国と中国の対立が焦点となりました。両国の関税強化はとりあえず先送りとなりました。ただ、何も解決したわけではありません。来年は大変な年になるかもしれませんね。ところで、米中対立ばかりが目立ったG20でしたが少し気になったこ ...

今日(11/23)は一葉忌です。明治の女流作家、樋口一葉が亡くなった日ですね。そう言えば先日、ドイツ在住の多和田葉子氏の『The Emissary (献灯使)』が全米図書賞の翻訳部門を受賞し話題になりました。全米図書賞は米国における最も権威のある文学賞の一つです。この ...

昨日(11/8)、税務署が主催する消費税の軽減税率の説明会に行ってきました。あまりにも分かり難いので、どうなっているのかを知りたかったからです。でもその結果は、この政策がどうしようもない愚策であることが確認できたことだけでした。まあ、税務署の皆さんも困っ ...

北海道胆振東部地震で、多くの方が学んだことがあります。それは電気というものの難しさです。水やガスと違って目に見えないし、常に需要量に応じて生産する必要があるということです。そうしなければ周波数が不安定になり電力の質が落ち、今回のように送電が止まってしまい ...

今日(10/26)のAFPの配信記事を読んで、とうとうこういう時が来てしまったか、とため息が出ました。記事の内容は、米競売大手のクリスティーズのオークションで25日、コンピュータのアルゴリズムによって制作された肖像画が43万2500ドル(約4844万円) ...

「人間っていうのは、欲望と意志のあいだで針を極端に振ることしかできない、できそこないのメーターなんだよ。ほどほどができない。鳩にだって意志はあるもの。意志なんて、単に脊椎動物が実装しやすい性質だったから、いまだに脳みそに居座っているだけよ」「そして、人間 ...

お昼のNHKニュースで、競馬や競輪などの公営ギャンブルで大穴を当てた人のほとんどが所得税の申告をしていないと報道していました。聞き流していたので、ネットで確かめたところ、確かに会計検査院で調査したようです。それによりますと、公営ギャンブルで1千万円以上の ...

雑誌「新潮45」の休刊について世間が騒がしいようです。まあ、沢山の意見がネット上にあるので、この問題については簡単に触れるだけにしておきます。掲載された杉田水脈氏の意見は暴論です。それを擁護する雑誌内の記事も内容的に低レベルな愚劣なものに過ぎません。ただ ...

昨日(9/20)、北海道電力は送配電部門を担う分割準備会社を2019年4月に設立し、2020年4月に分社化すると発表しました。新しく送配電を担う「北海道電力ネットワーク」は北海道電力の100%子会社です。北電は持ち株会社となり発電・小売り事業を保有するこ ...

↑このページのトップヘ